精神的負担がもたらす身体への異常

仕事に多少のストレスがある事は仕方ないものの、我慢を続けるのは問題があります。適切に負担を解消してリフレッシュしなければいずれ心身の不調につながりかねません。数ある仕事の中でも、特に看護師の仕事は肉体的な負担だけでなく精神的負担も多いと言われています。

例えば患者や職場の同僚との人間関係で気を使う場面が多いです。さらに夜勤など精神バランスを崩しやすい労働環境の中で働く必要があり、看護師はストレスとは無縁ではいられません。もし精神的に大きな負担から何らかの症状が体に表れるようであれば、早めにチェックを行い状況を把握した方が望ましいです。肉体的な変調の具体例としては、激しい動悸や異常な発汗、胃腸の不調などの異変が起こります。人の健康のケアを行う看護師自身がこのような体の変調を抱えているようでは、満足に仕事ができません。一方で精神的な変調の例には、普段よりも神経質になったり緊張や倦怠感を覚えるといった症状が起こります。過度な精神負担が自律神経の正常な機能を妨げるため、このような肉体的や精神的な異常が起こります。ストレスチェックで事前の兆候を察知できるため、早い対処が望ましいです。

看護師には職務上の負担の大きさから、こうした体の異常が起きるケースは珍しくありません。もし異常を感知したのであれば遠慮することなく上司や同僚に相談し、専門のカウンセリングを受けた方がいいでしょう。早めに処置さえ行えば、心の異常も軽症で済みます。心の病で手遅れになってしまわないために大切なのは、毎日自分の心をチェックする時間を取ることです。5分でも良いので、静かに自分が疲れていないか、心でなにを考えているかを観察する時間を持ちましょう。ストレスと上手に向き合いたい方にオススメのサイト>>>こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です