進化するストレス計測

職場におけるストレスとそれに伴ううつ病の発症は健康安全の大きな問題となっています。それは、人の病気を治療する立場である看護師にもうつ病は多いと言われており、ストレスの原因には仕事量の問題や仕事の質の問題、職場の人間関係や適正に関すること、勤務先に将来性や医療事故に対する不安などが挙げられています。

看護師のおよそ3分の1がメンタル障害で休んだり治療を受けているスタッフがいる職場で働いているという現状もあるのです。そのような状態ではチーム医療にも支障がでていまいます。そこで簡単にできて精度の高いストレスチェック方法として、声による感情認識があります。通常のストレスチェック法では自記式のアンケートを用いますが歴史とエビデンスがある反面、控えめに回答する人もいるため曖昧さがつきまとうものです。上下関係の厳しい病院ほど自分の将来に影響するかもしれないと控えめに回答する傾向にあり、疾患がみつかりにくいのが現状になります。

近年ではストレスや精神的な疾患においてもバイオマーカーの研究が進んでおり、そのうちのひとつが声によるものです。声であれば録音するときに苦痛もないですし、特殊な機器や試薬も必要ありませんので簡単におこなうことができます。声から話し手の感情を認識する技術は、声の中の不随意の成分を検知して感情の成分がどれくらいの割合で含まれているかを示すことができ携帯キャリアのあのロボットにも搭載されているものです。また、声からストレスを計測できるアプリケーションが開発されており、スマホで簡単に管理して病気になる前に自分でストレス状態を把握することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です